Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
ハンドメイド
2018.12.07

ダイソーのオーナメントとファーをあわせたクリスマスリース

Mart編集部がInstagramで発見したズパゲッティ作品を紹介する「今週のMYズパゲッティ」。今回は大阪府門真市の田中七恵さん(30歳)がつくったクリスマスリースを紹介します。

ズパゲッティを編み始めたのは半年前。もともとは麻紐にはまっていて「ズパゲッティなんて」と否定派だったんです。でも、糸が太くて編みやすそうなのと、ズパだったら友人達と一緒に編み物が楽しめるかな~と思って始めました。
実際にズパゲッティでポーチなどを編んでみると、数時間でできあがるので感激! 子どもが4歳と1歳なのですが、子育て中の主婦には時間がかかる編み物は完成までの道のりが長くて……。短い時間で完成する手軽さに感動してからは、子どもが寝ている間や家事の合間に時間を見つけて編むズパゲッティ漬けの日々です。

つくるのは、自分が欲しいと思う季節の物や、あったらいいなぁと思うものです。ズパゲッティのリースは好きな色を選べるのでとてもかわいく、クリスマスにぴったりだと思ってつくってみました。ダイソーで見つけたクリスマスオーナメントを飾り、ファーの毛糸でつくったポンポンをトップにつけて完成です! 
赤のリースは母にプレゼントして、白は自宅用につくりました。

普段から自分にしかできないデザインを心がけるようにしていて、編む際は誰かに渡すつもりで編み目をキレイにするようにしています。あとは重くないかとか大すぎないかとか、実用性のあるものを意識しています。
いろいろとつくり過ぎてしまうので(笑)、友人やその子ども達にあげたり、我が子が使ってくれたりしています。みんなとても反応がよく、喜んでくれています。今後はバッグをもっと編んでみたいです。好きなものを編んで誰かに喜んでもらえたらうれしいですね。

取材・文/富田夏子