Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
ハンドメイド
2019.06.07

湘南の予約がとれないワークショップ主宰  デニムリメイクとアートフラワーのインテリア雑貨 rie hanaさん

いま気になるハンドメイド作家を紹介する「今週のハンドメイド・アーティスト」。第12回はフラワーアレンジメント作家・rie hanaさん(神奈川県在住)をご紹介します。

アートフラワーショップで基礎からディスプレイまで学んだことが原点

アートフラワーやデニムリメイクで、インテリアにぴったりのアレンジメントを制作しているrie hanaさん。現在、13歳と10歳の女の子を育てながらハンドメイドを続けるrie hanaさんの原点は、独身時代にアートフラワーショップで働いたことでした。
「会社勤めをしていた24歳のとき、漠然と将来のことを考え始めて、手に職をつけたいと思ったんです。知り合いがアートフラワー(造花)の仕事をしているのを見て、これなら将来結婚して子どもが生まれても自宅でできそうな仕事だな、と思ってアートフラワーについて学び始めました。技術を身につけながらショップでも働き、店舗ディスプレイやウェディングフラワーなど幅広く経験させてもらった後、自宅でもワークショップを開いてインテリアにぴったりなフラワー雑貨のつくり方を教えるようになりました」

個人の感性を生かす ワークショップは子育て中のママたちに大人気

 

少人数から開催できるワークショップは子育て中のママたちでいっぱい。リースや花束、季節のイベントに応じたしめ縄やツリーなど飾れるインテリアがメインですが、卒入園・入学シーズンにはコサージュなどアクセサリーづくりも人気です。
「初めての参加者の中には『お花のセンスがないから…』と自信なさげな方もいらっしゃいますが、お花の感性は人それぞれ。お洋服の趣味が違うように、ご自身の感性を信じてお好きなようなつくってください、とお伝えしています。みなさん最初は不安そうな表情をしていますが、作品ができあがるとそれぞれ出来栄えに大満足。『ステキな作品♪』『早速飾るわ』『ギフト用につくったけど、プレゼントにするのがもったいない』などと言いながらニコニコして帰って行かれます。もちろん材料をそろえてアドバイスもしますが、その人らしい作品が完成していくのを見るのが楽しいです」

新しいアレンジメントのカタチ デニムリメイクのインテリア雑貨

3年前からは、デニムリメイクのリースやインテリア雑貨づくり始めたrie hanaさん。ワークショップのリピーターが増えたことから、目先の変わったアレンジを、と試行錯誤してつくりました。
「ありがたいことにワークショップはリピーターの方も多くて。『お花のアレンジはいくつもつくったから、家の中がお花だらけになっちゃう』などの声もあり、別のアレンジを考案することに。ちょうど3年前くらいは、湘南エリアを中心にデニムリメイクのバッグや雑貨が流行っていたので、デニムとアートフラワーを合わせて何かつくれないか、と色々試してデニムのリースをつくってみたら好評で。デニムリメイクのワークショップ依頼も多くなってきました。そのうち、夏には白いデニムを混ぜてみたらどうかとか、ニコちゃんや動物の顔みたいにアレンジしたらかわいいかも、と、リース以外にも種類が増えていきました」

時代の雰囲気を感じながら材料探し オーダーやリクエストには柔軟に対応

ワークショップと並行して、ウェディングや店舗のインテリア、記念イベントに合わせたアクセサリーなど個人の希望に合わせたオーダーも受けているrie hanaさん。日常生活の中でも、常に作品づくりに役に立つことを考えてしまうと言います。
「オーダーやワークショップでのリクエストに対応できるように、アートフラワーやハンドメイドのイベントや展示会、新商品の発表会などにはその都度足を運んでいます。また、ワークショップや自宅での用事がないときはできるだけ外に出て、そのとき流行っているものや新しいものとお花をどう組み合わせるか?目につく興味があるものを自分だったらどうアレンジするか?などと常に考え、新しい形のものを提案できる準備は欠かしません。仕入れのときは子どもも一緒に連れて行き、子どもの目線でお花を選んでもらったり、材料探しのアシスタントをしてもらうこともあります」

インテリアが明るくなる作品づくり お花の楽しさを提案し続けたい

常に新しいお花のカタチを考え、提案し続けているrie hanaさんの今後の目標は、アートフラワーの楽しさをもっと多方面に伝えること。

「モットーは、お部屋のインテリアを明るく、笑顔にする作品づくり。新しい作品の提案だけではなくて、例えば今まで生花ばかりでアートフラワーに親しみがなかった方や触れることがなかった方にも、アートフラワーならではの楽しみ方を感じてもらい、季節ごとにいろんな場面でお花を楽しむ手助けたしたいです。ワークショップは新しい方ともどんどん出会えるように、神奈川県内だけではなく各地で開催したいですね」

【作品information】
<委託店舗>
藤沢まつエク&ネイルサロン diarhome  https://www.instagram.com/diarhome/

<facebook>
Rie hana  https://m.facebook.com/riehana21/

<Instagram>
@riehana21 https://www.instagram.com/riehana21/

【この記事もおすすめ!】
パーツもカラーもオリジナル 10代から60代までファンがいる樹脂製のアクセサリー M-cherieさん
http://mc.mart-magazine.com/handmade/24049

刺繍糸タッセルとパールアクセが人気 Pani paniさんの原点はハワイアンジュエリー
http://mc.mart-magazine.com/handmade/20343

取材・文/富田夏子