Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
これHit通信
2017.12.24
新宿

時短でできる「アニマルちぎりパン」に大注目②

From:小澤有希さん
(東京都新宿区在住)
From:村木逸美さん
(東京都新宿区在住)
From:津久浦由香さん
(東京都新宿区在住)

前回の記事でご紹介した、「かわいい上に素朴でやさしい味!(村木さん)」と人気のアニマルちぎりパン。
小澤さん直伝の簡単レシピはこちら♡


【材料】15cmのスクエア型1個分
強力粉 200g、ドライイースト 小さじ、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1/3、はちみつ 10g、無塩バター 10g、牛乳 130cc
☆顔のイラスト用:ココアパウダー 適量、水 適量


【つくり方】
①生地の材料をすべて混ぜ、よくこねて一次発酵させます。「発酵は、オーブンを使う場合は40℃で25分です。ホームベーカリーなら一次発酵までは自動でできます」(小澤さん)手で軽く押して、ガス抜きをし丸めます。


②生地から約20g(耳鼻部分)を取り、残りを9分割してそれぞれ丸めたら、布巾をかぶせて5~10分生地を休ませます(ベンチタイム)。


③9分割した生地を丸め直し、型に並べます。パンのふくらみを考えて、少しずつすき間をあけましょう。「型を使わなくても焼けますが、型があった方が動物の形がしっかりするし、生地がしっとりします」(小澤さん)


④残りの生地をくまの耳と鼻になるように小さく丸め、飾りつけます。顔のパーツは取れやすいので、しっかりくっつけてください。


⑤40℃のオーブンで20分、二次発酵させます(写真は二次発酵後)。オーブンの温度を170℃に上げ、16分焼きます。


⑥焼き上がったパンに、水で溶いたココアでくまの顔を描けば完成です。

津久浦さんは、自分でつくってみたとき、発酵時間が少し足らなくて重めの仕上がりになったとか。「オーブンの機種によるかもしれないので、ふくらみ具合を見ながら調整が必要ですね」

小澤さんは、食紅を使って生地をピンクにし、クリームも中に詰めた“うさぎバージョン(前回の記事参照)”も楽しんでいるとか。お子さんの誕生会などでも、いかがですか?

撮影/尾島翔太 取材・文/富田夏子