Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
ローカル
2019.04.24

GWにおすすめ!お出かけスポット②コニカミノルタ プラネタリアTOKYO

今年2019年のゴールデンウィークは10連休となる大型連休。皆さん、ご予定はお決まりですか?

今回は、昨年末に有楽町にオープンしたプラネタリウムをご紹介。「宙(そら)と大切なことに出逢う」をテーマに、音楽や演劇などの新しい形で星空を楽しめるスポットです。にぎやかな観光スポットを訪れるのも楽しいものですが、喧騒を離れ、静かな癒しのひと時を過ごしてみるのもおすすめです♪

前回ご紹介したお出かけスポットはこちら。
子どもも大人も楽しめる!「GWにおすすめ!お出かけスポット①JAL工場見学~SKY MUSEUM~」
http://mc.mart-magazine.com/local/21595

【案内してくれたのはこの方】

東京都在住 小澤有希さん

DOME 1】演劇や音楽とともに楽しむ「新感覚」プラネタリウム

最大8Kの美しい映像が広がる多目的デジタルドームシアター(DOME1)は、今までにない新しいスタイルのプラネタリウムです。前方に設置されたステージで演者が一人芝居を交えつつ、ストーリー仕立てで星空を紹介。曜日によっては生演奏を楽しむことができる回もあります。
・一般シート ¥1,600~

DOME 2】全身で感じる星空と音楽リラックスできる癒しのスポット

プラネタリウムドームシアター(DOME2)では、DREAMS COME TRUEや久石 譲の音楽と星空がコラボレーションした作品を上映。前後左右に加え上下や回転といった音移動を実現した立体音響システムによる、リアルなサウンドを楽しめます。臨場感ある音楽に包まれながらゆったりと星空を鑑賞するひと時は、癒しそのもの!

各作品のナレーションは俳優の中村倫也さん、夏帆さんが担当し、星空をナビゲートしてくれます。ペアシートはおひとりさま利用もOK。「座り心地のいいソファシートでリラックスしながら星空を眺められるので、心のデトックスにもなりますね」(小澤さん)。

・銀河シート ペア¥4,200~、シングル¥2,100~
・一般シート¥1,600~ ※アーティストは今後、変更になる場合がございます

1人用の席。こんなふうに横になってリラックスできます。

光が美しいVRでは星空の散歩を体験

VRアトラクション「VirtuaLink」では、“実在する街を散策しながら星空を楽しむ”体験ができます。実際の風景を光と点で描き、独自の幻想空間を再現。VR上では参加者同士が自由にコミュニケーションを取れるのも魅力のひとつです。光に包まれて、まるで異世界を旅行している気分に!

・一般シート ¥1,500

幻想的な空間は、まるで星空を歩いているみたい!

宇宙や星空をモチーフにしたグッズが揃うカフェ&ショップ

併設のカフェ「cafe Planetaria」では、SNS映えする鮮やかな色合いのドリンクやフードを楽しむことができます。DOME1ではドリンクやフードを持ち込めるプログラムも上映しています(テイクアウトは不可)。

●まるで銀河みたい!青いドーナツ

鮮やかなブルーで未知なる銀河の世界を表現したドーナツ。甘い味つけに、星のようにちりばめられたアラザンの食感がアクセントに。
ギャラクシードーナツ ¥500

●惑星をイメージしたドリンク

ラズベリーとレモンがベースの、すっきりとした味わいのノンアルコールカクテルです。添えられたスターフルーツも星空を演出。
マーズ ¥680

また、ショップ「GALLERY PLANETARIA」では、星や宇宙をイメージしたアクセサリー、雑貨などのオリジナルグッズが購入できます。ギフトにもぴったりです。

●天の川と同じ香りがする!?ラズベリー風味のハーブティー

プラネタリアTOKYOのオリジナルティー。ラズベリーの香りがするといわれている天の川を紅茶で表現しています(※諸説あります)。世界のお茶専門店ルピシアとコラボした限定商品です。
STARRY TOKYO ¥650

●流行りのハーバリウムも銀河風に

球体のビンの中に広大な銀河を表現したハーバリウム。インテリアに飾って自分だけの宇宙空間を楽しんで。
ボトルドギャラクシーシリーズ ブルーギャラクシー ¥3,500

Information
コニカミノルタ プラネタリア TOKYO
・住所/東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F
・アクセス/JR、東京メトロ有楽町線「有楽町」駅より徒歩3分 東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座」駅C4出口より徒歩1分
・電話番号/03-6269-9952(10:00~19:00)
・営業時間、料金/上映作品により異なる
最新のスケジュールはホームページをご確認ください
https://planetarium.konicaminolta.jp

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

撮影/志波慎寿介 取材・文/丹下紋香 構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年3月号
GO! GO! お出かけスポット 第19回「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」より