Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
ローカル
2019.05.10
稲城

Seriaで見つけた! 「ゆめかわクッキー」が簡単につくれるクッキーミックス

From:角南かずみさん
(東京都稲城市在住)
From:内田千草さん
(東京都稲城市在住)
From:飯田清香さん
(東京都稲城市在住)

都心へのアクセスもよく、子育て世代が多く住む東京都・稲城エリア。子育てをしながら自分の趣味も楽しんでいるママも多いんだとか。子どもが同じ幼稚園に通っていて仲良くなったという角南さんたち3人も、共通の趣味であるお菓子づくりやパンづくりの話題で盛り上がっています。通販でパンづくり用の強力粉を買ってシェアしたり、手づくりのお菓子を持ち寄ってママ会をすることもあるそう。そんな3人のなかで、いま話題なのがSeriaの「クッキーミックス」です。

カラフルなクッキーが簡単につくれる
Seriaのクッキーミックス

Seriaのクッキーミックス粉は、着色料を混ぜずにカラフルなクッキーがつくれる優れもの。普段お菓子づくりをあまりしない人でも、気軽に見た目もかわいいお菓子づくりを楽しめます。
「他の食品を探しているときにたまたまSeriaで見つけました。お菓子づくりが好きで普段からよく材料などを探していますが、こんなに色のバリエーションが豊富なクッキー粉はなかなかないので発見したときはテンションが上がりました!」(角南さん)

クッキーの味はバター、ココア、イチゴ、抹茶の4種類。
イチゴは牛乳を加えて生地をつくるのでふんわりやさしい甘みがありますが、ココアと抹茶は甘さ控えめ。心地よいほろ苦さでビターな味わいが楽しめます。

「クッキーミックス粉」は100g入り(抹茶は60g)。直径4cmのクッキーが約15枚(抹茶は12枚)つくれます。

このクッキーミックスの最大の魅力は「色」。この色を活かして、異なる味の生地を組み合わせて星やフルーツなど色々なモチーフのクッキーがつくれるんです。今回はこのクッキーミックスを使った見た目がかわいいクッキーのアイデアをお届けします!

1.ゆめかわ風 流れ星クッキー

まずひとつめにご紹介するのが「流れ星形」のクッキー。イチゴ、抹茶の生地がきれいに発色するのできれいな流れ星に仕上がります。
「アイシングなどの技術を使わずに簡単にかわいいクッキーがつくれるのが手軽で嬉しい! イチゴの香りが強く、全体的に甘い味わいのクッキーです。イチゴの甘みのあとから、ほんのり抹茶のほろ苦さも感じられます」(角南さん)

材料
クッキーミックス粉(いちご、バター、抹茶)各1袋、無塩バター、牛乳

つくり方
【1】ベースとなる生地づくりは、袋の裏面に書かれた材料(無塩バター、牛乳など)にクッキーミックス粉を加えてヘラなどでしっかり混ぜます。生地がしっとりまとまったら手でこねてひとまとめにしてラップで包み、冷蔵庫で約30 分休ませます。

【2】冷蔵庫で休ませたバタークッキーの生地を3等分し、麺棒を使って薄く伸ばします。厚さ約1cm、幅は約4cmが目安です。生地を伸ばすときには薄手のビニール袋に入れると、麺棒を汚さずに作業できます。

【3】【2】と同様に、イチゴ、抹茶の生地も厚さ1cmになるように伸ばします。3色をミルフィーユ状に重ねると約3cmの厚みに。星の抜き型(5cm)と並べると以下のようになります。

【4 】3色の生地を重ねたら1cm幅になるようにカットします。断面が層になっていればOKです。

【5】余った生地も厚さ1cmほどになるように薄く伸ばし、星形に型くり抜きます。

【6】流れる部分の端を指で軽く押さえて平たく潰します。流れ星の形になるように上から星型のクッキーを重ねて軽く押し当ててくっつけます。ここで、形が崩れないように注意してください。

【7】クッキーを天板に並べ、170度に余熱したオーブンで20分ほど焼いたら完成です。 
(オーブンにより焼き時間が異なるので調節してください)

2.すいかクッキー

材料
クッキーミックス粉(いちご、バター、抹茶)、無塩バター、牛乳、黒ごま 適量

つくり方
【1】裏面に書かれた説明通りに基本の必要な材料を混ぜ、冷蔵庫で生地を休ませます。

【2】冷蔵庫で休ませたイチゴの生地を直径4~5cmの筒状になるように丸めます。その上に厚さ1cmに伸ばしたバター、抹茶の生地をぐるりと一周重ねるように巻きつけます。

【3】7~8mm幅にカットします。

【4】【3】を半円状になるようにさらに半分にカットしてから、イチゴの生地部分に黒ゴマを4粒ほど並べます。ピンセットを使うとスムーズに作業ができます。

⑤180度のオーブンで20 分焼いたら完成です。

【3】キウイクッキー

材料
クッキーミックス粉(抹茶、バター)、黒ごま 適量

つくり方
すいかクッキーとほぼ同じ手順でつくれる、キウイクッキー。
バター生地のクッキーを直径1cmの細い棒状に丸めて、上から厚さ4cmの抹茶の生地を重ねて巻きつけてから7~8mm幅にカットして、バターの生地のまわりにゴマを並べてオーブンで焼きます。

「タネにゴマを使いましたが、ゴマの味はクッキー生地になじむので違和感なく食べられます。スイカとキウイがモチーフのクッキーですが、それぞれイチゴと抹茶の味を楽しめます。味も形もユニークなクッキーなので話も盛り上がりますよ」(内田さん)

アイシングの道具がなくても気軽にかわいいオリジナルクッキーがつくれる「クッキーミックス粉」。使い切りサイズなので気軽にクッキーがつくれるのも嬉しいポイントです。
子どもと一緒に遊び感覚でつくっても楽しめます。ぜひいろいろなデザインのクッキーづくりにトライしてみて!

(左より)
SYバタークッキーミックス粉  100g、SYココアクッキーミックス粉  100g、SYイチゴクッキーミックス粉  100g、抹茶クッキーミックス粉  60g 各¥100

※掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。

【お問い合わせ先】
Seria
https://www.seria-group.com

【この記事もおすすめ!】
ニュアンスカラーのアイシングクッキー 子連れ歓迎のレッスンは予約でいっぱい Hako’sさん
http://mc.mart-magazine.com/handmade/22208

カラー&模様で個性や季節感が出せる「アイシングクッキー」
http://mc.mart-magazine.com/local/4938

撮影/志波慎寿介 取材・文/丹下紋香