Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト

プレスリリース

プレスリリース
2019.03.21
ヤヱガキ酒造株式会社
PR TIMES

長谷川栄雅 六本木、「日本酒体験」のアテ(酒の肴)メニューを刷新。 庄司夏子シェフがプロデュースし、4月1日(月)から提供開始

~世界的に注目を集める気鋭の女性シェフ庄司夏子氏のアテを通じて、日本文化の美しさと豊かさにふれる特別な喜びの時間を提供~

ヤヱガキ酒造株式会社は、直営店である『長谷川栄雅 六本木』において、ヤヱガキが昨年12月14日(金)に発売した最高級日本酒ブランド『長谷川栄雅』の「日本酒体験」で提供するアテ(酒の肴)を4月1日(月)にリニューアルします。


プレスリリース
2019年3月20日
ヤヱガキ酒造株式会社

長谷川栄雅 六本木、「日本酒体験」アテ(酒の肴)メニュー刷新
庄司夏子シェフがプロデュースし、4月1日(月)から提供開始

世界的に注目を集める気鋭の女性シェフ庄司夏子氏のアテを通じて、日本文化の美しさと豊かさにふれる特別な喜びの時間提供~

ヤヱガキ酒造株式会社(兵庫県姫路市、代表取締役社長 長谷川雄介、以下:ヤヱガキ)は、直営店である『長谷川栄雅 六本木』において、ヤヱガキが昨年12月14日(金)に発売した最高級日本酒ブランド『長谷川栄雅』の「日本酒体験」で提供するアテ(酒の肴)を4月1日(月)にリニューアルします。新しいアテは所在地非公開で完全紹介制のレストラン【été(エテ)】のオーナーであり、いま最も注目を集める気鋭の女性シェフ、庄司夏子氏がプロデュースします。



<<新しいアテのメニュー概要>>
ホワイトアスパラガスのお浸し、柚子
ウドのピクルス、春の香り
塩漬け卵黄の酒粕漬け
菜の花と蕗の薹のタルト
酒香るガナシュ、求肥








『長谷川栄雅』は、最高級の山田錦と名勝「鹿ヶ壺」を源流とする揖保川系林田川の伏流水にこだわり、創業時よりヤヱガキが守り続けてきた伝統の酒造技法「蓋麹法」で醸造した最高級の日本酒ブランド。直営ショップならびに直販オンラインストア(http://www.hasegawaeiga.comを通じて販売されています。直営ショップでは、『長谷川栄雅』の販売のほか、『長谷川栄雅』とアテ(酒の肴)をお楽しみいただける「日本酒体験」をお客様に提供しています。

「日本酒体験」で提供されるアテは、『長谷川栄雅』のコンセプトに共感した、日本を代表する気鋭の料理人によって監修され、3か月にわたり提供されます。直営店がオープンした昨年12月から3月までは、福岡のフレンチ『La Maison de la Nature Goh 』(ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ナチュール・ゴウ)のオーナーシェフである福山剛氏監修による独創的で繊細なアテが提供されました。福山シェフに続き、4月1日(月)からの3か月間は、現在日本のみならず世界でも注目を集めている気鋭の若手女性シェフ庄司夏子氏が担当します。

『長谷川栄雅』アテのプロデュースにあたり、庄司シェフは「今回こういった機会をいただけて大変光栄に思います。わたしのお店も4名までお客様をお迎えできる空間ですので、「日本酒体験」でお迎えするお客様の人数と同じです。少人数だからこそ提供可能なスペシャルなアテをつくれたらと思いメニューから器にまでこだわりました」と、アテ創作へのこだわりについて述べています。今回、庄司シェフがプロデュースするアテは、庄司シェフのお店【été(エテ)】でも提供されたことがないメニューで、『長谷川栄雅 六本木』でのみ体験できる逸品です。また、『長谷川栄雅』の洗練されたお酒の味に負けないよう、春らしく女性らしい、優雅で繊細な味わいのアテに仕上げられました。




ヤヱガキの酒造り
は、1666年の創業から約350年にわたり続いています。 代々受け継がれてきた技術とものづくり精神の結晶として最高品質の日本酒を造りたいというチャレンジ精神、そして日本酒を通じて日本文化の「美しさ、豊かさ」に触れる喜びを一人でも多くのお客様と分かち合いたいという強い願いが『長谷川栄雅』開発の原点になっています。


【ご参考資料

●庄司 夏子 氏(【été(エテ)】オーナーシェフ)プロフィール


1989年東京都出身。駒場学園高等学校 食物調理科を卒業後、【ル・ジュー・ドゥ・ラシエット】(現【レクテ】)、そして2017年版「アジアのベストレストラン50」で第14位にランクインしている【フロレリージュ】でパティシエおよびスーシェフを務める。

24歳で独立。完全予約制・数量限定販売、日本でも入手困難なプレミアムスイーツ『Fleur d’été(フルール・ド・エテ)』で話題を呼び、2015年7月、住所・電話番号非公開の完全紹介制のレストラン【été(エテ)】をオープン。


フランス料理の伝統技法をベースとしながらも、鮎、鮑、白子、ぐじといった和食材を気負わずに使う。旨味や食感を緻密に計算した完成度が高く芸術的な一皿は、訪れるゲストに驚きと感動を提供している。次世代を牽引する若手女性シェフ  
http://ete.tokyo/


●中村 孝則 氏(美食評論家・コラムニスト)プロフィール



ファッションやグルメ、旅やホテルなどラグジュアリーライフをテーマに、雑誌や新聞、TVにて活躍中。2013年からは、世界のレストランの人気ランキングを決める「世界のベストレストラン50」の日本評議委員長も務めているほか、今年5月26日(土)27日(日)に国東市で開催された「DINING OUT KUNISAKI」にもホストとして出演。


ヤヱガキ酒造会社概要】
会社名:ヤヱガキ酒造株式会社 YAEGAKI Sake & Spirits, Inc.
所在地:〒679-4298 兵庫県姫路市林田町六九谷681
URL:http://www.yaegaki.co.jp/sake/
創業:寛文6年(1666年)
代表者: 長谷川雄介(代表取締役社長) / CEO
連絡先:TEL:079-268-8080 FAX:079-268-8088


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ルッソ 担当:川合、島村
kawai@lusso.co.jp Tel: 03-6226-2886/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
前の記事へ 次の記事へ