Mart Community Blog Community Blog

Mart 公式サイト
グルメ
2019.03.08

大同電鍋vs電子レンジ、肉を蒸したらどっちがおいしい?徹底検証!

台湾からやってきた、レトロかわいいい「大同電鍋」。一台で蒸す、炊く、煮る、温めるができると大人気ですが、なかでも食材のうま味や水分を逃さず、おいしく仕上げてくれる蒸し料理はひと味違います。
そこでMartでは同じ食材を使い、調理方法で仕上がりがどう変わるのかを徹底検証!野菜を使った検証に続き、今回は加熱の仕方でおいしさが変わる鶏むね肉と豚肉で検証。大同電鍋と電子レンジ、どちらの方が肉がおいしくなるのでしょうか…?

野菜の検証記事はこちら
「大同電鍋vs電子レンジ、野菜を蒸したらどう違う?徹底検証!」
http://mc.mart-magazine.com/gourmet/18555

鶏むね肉で検証!気になるパサつきは?

●電子レンジで加熱
《加熱方法》

耐熱皿に鶏むね肉を置き、ふわっとラップをかけ、600Wの電子レンジで加熱。 

《加熱直後》

3分加熱後、ひっくり返して2分で終了。ふっくらしているが肉汁があまり出ていない。 

《20分後》

カットして20分後、断面はけば立ったように粗く、食感もややパサついた感じに。

●大同電鍋で加熱
《加熱方法》

外釜に水1カップを入れ、蒸し皿と皿にのせた鶏むね肉を入れ、蓋をしてスイッチオン。

《加熱直後》

湯が沸騰して10分。鶏むね肉の真ん中がふっくら盛り上がり、ツヤがある。肉汁や脂が皿に落ちている。

《20分後》

カットして20分放置しても断面はきれいで、食感もしっとりジューシー。

気になる検証結果は
「大同電鍋なら、水分、脂分を保ってふっくらジューシーに」

電鍋でジューシーに仕上がったむね肉を棒棒鶏(バンバンジー)に。茹でたもやしを下に敷き、千切りきゅうりとねぎソースをたっぷりかけていただきます。時間がたってもパサつかず、やわらかく仕上がりました。

豚肉で検証!肉巻きの仕上がりは?

●電子レンジで加熱
《加熱方法》

耐熱皿に並べた肉巻きにふわっとラップをかけて、600Wの電子レンジで3分加熱。

《加熱直後》

600Wで3分。加熱直後は野菜の色も鮮やかできれいな仕上がりに。若干肉が縮んだように見える。

《20分後》

野菜の色はきれいだが、しんなりして歯ごたえは感じられない。肉がキュッと縮んだ。

●大同電鍋で加熱
《加熱方法》

外釜に水1カップを入れて、蒸し皿と皿にのせた肉巻きを置いて蓋をし、スイッチオン。

《加熱直後》

湯が沸騰して10分。肉も野菜も水分があり、肉巻きの中心がふっくらして、ジューシーでやわらかい。

《20分後》

肉縮みは少なくパサつきもない。野菜は歯ごたえはあるが、さやいんげんの色はくすんだ。

気になる検証結果は
「大同電鍋なら、肉も野菜も縮まず食感もいい」

蒸した肉巻きは、冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめ。ポン酢しょうゆに、みじん切りの玉ねぎとごま油をプラスしたソースを添えれば、さらにおいしさアップ!

大同電気釜(Mサイズ/6人用)W31×D25.5×H24cm 内釜内径20cm グリーン¥10,926(大同日本)、内釜にのせた蒸し器大¥100(ダイソー)

【この記事もおすすめ!】
肉まんがふわっふわ! 蒸し物上手な「大同電鍋」
http://mc.mart-magazine.com/gourmet/17663

フードスタイリストに聞く 「大同電鍋」調理、3つのポイント!
http://mc.mart-magazine.com/gourmet/17073

撮影/小林愛香 フードコーディネート/上島亜紀 取材・文/橋本嘉美(HEAVEN) 構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年4月号
肉まんもふわっふわに仕上がる!大同電鍋は蒸し料理がお得意! より

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。